避妊薬を避妊以外の目的で服用する女性もいます

望まない妊娠を確実に回避させてくれる避妊薬は、我が国においても低用量ピルが解禁となったことにより、一昔前よりは広く普及するようになっています。それまでは使用したくても、強い副作用が心配で思いきることができない女性も多かったようですが、低用量ピルにはホルモン量が少ないため、以前のような副作用がほとんど見られず、安心して服用できるようになっています。さてこの避妊薬は、女性ホルモンを補うことが出来るため、乱れてしまったホルモンバランスを整える作用があり、避妊以外の目的でも、様々な治療に用いられることがあります。まず第一に、生理に伴う様々なトラブルを緩和させる効能があるという点で、生理不順、生理痛の緩和、経血量の減少など、生理時の不快感を驚くほど軽減させる効果があり、毎月ストレスにさらされてきた女性の救世主となっています。生理が重いと婦人科で相談すると、生理を楽に過ごさせる目的で処方されることも多く、その高い効果に驚きを隠せない女性も少なくないようです。避妊薬の避妊以外の治療目的では、もう一つ、更年期症状の緩和に効果が高いとされており、四十代以降の閉経前後に更年期症状に悩まされている女性たちを救っています。更年期症状がひどいと、精神的に参ってしまい鬱のような精神状態にまで陥ってしまう方もおり、女性ホルモンを補うことでこの症状もずいぶんと落ちつくので、婦人科では積極的に勧めています。避妊以外のメリットとしては美容効果が高いという点も注目すべきポイントで、美肌効果、バストアップ効果があり、女性らしい美しさを演出するうえでは非常に役立ってくれます。このようにピルには女性にはうれしい利点が山ほどあるので、ぜひ活用して、魅力あふれる毎日を送りましょう。