40代から起こる更年期の症状の改善に効果がある避妊薬

日本人女性の更年期は、個人差はありますが45~55歳の時期にあたるといわれています。ですが、近年では早い人で40代前半から女性ホルモンが乱れてイライラ感やのぼせ、動悸、めまい、疲れやすいなど更年期にみられる症状を訴える人が増えているようです。そのような40代の早い時期に更年期の症状があらわれる原因には、無理なダイエットや不規則な生活、食習慣、睡眠不足によって卵巣機能が低下してきたためと考えられています。卵巣から分泌されるエストロゲンが徐々に減少して様々な体調不調を引き起こすプレ更年期といわれる時期は40代から入ります。肌の潤いや新陳代謝、自律神経や内分泌系のバランスを整えることは、このエストロゲンの働きが関係しているため、それが減ってくると様々な症状が引き起こされてきます。40代に起こるプレ更年期の改善には避妊薬の使用が効果があります。

更年期の症状がひどくなるのは、女性ホルモンの量が急激に減少することが原因です。ですので、そのホルモンバランスを整える効果がある避妊薬が治療薬として用いられています。避妊薬は妊娠を避けるという目的だけで利用されるものではなく、婦人病の改善、更年期症状の緩和のための治療薬としても用いられています。避妊薬を服用することでプレ更年期の様々な症状が改善されますが、他にもメリットがあります。生理周期の乱れが改善され、生理痛緩和されます。生理の出血量が少なくなることで貧血が改善できます。また、月経全困難症やニキビ、多毛症の改善などが期待できます。40代に入って月経周期の乱れなど体調不調を感じてきたら、避妊薬を服用することで体調を整えることができます。避妊薬は医師の指導の下で処方されます。