避妊薬が生理痛を緩和する構造と服用で得られるメリット

生理痛は人によって痛みの度合いが違うものですが、子宮や卵巣などに器質的な問題がないのに痛みが酷いような場合、その緩和のために婦人科では避妊薬が処方される場合があります。
なぜ避妊薬で生理痛を緩和することができるのかは、生理痛が起こる構造を知ることで理解することが出来ます。
まず生理中は、子宮内膜をはがして体外へ排出するために子宮の収縮を促すプロスタグランジンという物質が分泌されます。
この物質が人よりも多く分泌されると、子宮の収縮が過剰になり痛みの原因となるのです。
またプロスタグランジンは痛みを強める作用などもありますので、より強い生理痛を引き起こすこととなるのです。
このような構造で引き起こされる生理痛を緩和するためには、プロスタグランジンの分泌を調整する必要があることが分かるはずです。
避妊薬には、基本的にエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが含まれており、服用することで女性ホルモンのバランスを適切に調節することができるようになっています。
この作用によって、ホルモン量を一定に保ち子宮内膜の増殖を抑えることが出来ますので、それを排出するために分泌される痛みの原因になるプロスタグランジンの量を減らすことが出来るのです。これが避妊薬が生理痛を緩和する構造となります。
また避妊薬を服用することで得られるメリットはこれだけではありません。
例えば、生理前の不快な症状や生理中の不快感の緩和、生理周期の安定、子宮や卵巣の疾患の予防、ニキビや吹き出物など肌症状の改善など女性ホルモンが原因で引き起こされるほとんどの症状に対して効果を発揮することが出来ます。
避妊薬はきちんと医師の処方を受けて適切な量を服用すれば副作用のリスクも低い薬ですので、生理痛で悩んだ時には早めに婦人科などで相談をしてみるとよいでしょう。